磁性アタッチメント「マグフィット」は入れ歯治療200万個の実績

マグフィットの紹介
マグフィット会
ログイン
 
はじめてのマグフィット
磁性アタッチメントとは
磁性アタッチメントのメリット
磁性アタッチメントの魅力
総入れ歯手前の患者さんへ
総入れ歯の患者さんへ
治療ステップ
磁性アタッチメント マグフィットへのご質問と回答
適正使用
ダウンロード
マグフィットのホットライン

magfit@he.aichi-steel.co.jp
 
 
北京デンタルショー(中国・北京)にて
ブース出展&MAGFITセミナー開催

会場:北京大学 口腔医学院修復科(補綴科)
講師:東京医科歯科大学 水谷准教授
    (日本磁気歯科学会会長)
   北京大学 Feng教授 他
   (中国補綴学会会長)
協力:愛知製鋼株式会社
   日進歯科材料有限公司
日時:2007年6月3〜6日(セミナー)
   2007年6月6〜9日(デンタルショー)

今年で2回目となる北京大主催の生涯研修プログラム・磁性アタッチメントMAGFIT実習付セミナー 。
今回は日本ですでに発売されている「マグフィットデンチャーの臨床術式」の中国語版が人民軍医出版社より出版されたことを記念し、著者である東京医科歯科大学の水谷先生(現磁気歯科学会会長)を講師としてお招きしました。
テキストの内容も踏まえた講演、理論を学んだうえでの実習と続き、当初「磁石は難しい」との先入観でしり込みしていた方々も自信がついたようです。
作成した義歯及び前述のテキストを持ち帰れることもあり、評判も上々。昨年同様、大変実りのあるセミナーとなりました。
また、講演の合間には水谷先生にサイン・記念撮影を求める参加者が殺到するという嬉しいハプニングもありました。
セミナーと前後して開催された北京デンタルショーには中国代理店がマグフィットコーナーを設置。
製品・テキスト・模型がセットになった「マグフィットスターターキット」に対する来場者の関心は高く、 セミナー参加者も多数訪れ、大盛況のうちに幕を閉じました。


→水谷先生による講演風景

→講演に続いての実習で理解を深め、
生きた技術へとつながります。
→サインをもとめられている水谷先生
→マグフィットブース
▲トップへ
お問合せ  企業概要  プライバシーポリシー  サイトマップ
Copyright(C) AICHI STEEL CORPORATION